Live Your Dream

Have a lovely life!

まずは王道、カロリー制限〜我慢だけでは痩せられない

ダイエットしようと心に決めた私がまず最初に考えたことは、

「食べなければ痩せるはず!」

ということ。

 

つまりはカロリー制限ですね。

(このカロリーという概念の根拠にもいささか疑問はあるのですが、ここではひとまず置いておいて。)

 

摂取カロリーが消費カロリーを下回れば痩せられる。ごくごく普通に世間で言われていることです。

 

しかし、いわゆる低カロリーの食事はすぐにお腹がすくのです。

 

そして私はといえば、何故か空腹時に眠くなってしまう。昔から。今思えばこれ、低血糖の症状なんですよね。

 

しかも、お腹がすくとイライラします。すぐに食べ物を口に放り込まないといてもたってもいられないくらいに。

 

このイライラ、世の中の人すべてそうなるものだとばかり思っていたのですが、そうじゃない人もいるんですよね!

 

私の夫や息子はそんなことはないみたいで、

「お腹すいたねえ」

と言いながらも冷静なんですよ。

(のちに、糖質制限に慣れてきたら私もその境地(?)に達することができましたが 笑)

 

私の空腹時のイライラも、低血糖が原因だったのです。

 

偏食のため給食があまり食べられない

→夕食の時間が遅いのでお腹がすく

→母が買ってきた甘〜いおやつを食べる

→血糖値の急上昇による多幸感

インシュリンの大量分泌、血糖値の急降下

 

これを毎日繰り返したのです。しかも、甘いものが大好きなのですから、低血糖状態が日常的になっていてもおかしくありません。

 

(血糖値とインシュリンの関係については、私がごちゃごちゃかくより糖質制限に関する本を読むのが一番早いと思います。オススメの本を近いうちにご紹介しますね。)

 

空腹も最初のうちは我慢できるのですが、だんだんとイライラがつのり、我慢できずにお菓子を買い込み、次々に口に放り込む。

 

私は意志が弱いんだ。意志が弱いから痩せられないんだ。

食い意地の張った小太りの自分が大嫌いでした。

 

カロリー制限でうまくいく人は、何も糖質制限する必要なんてないんです。そういう人たちにまで無理に糖質制限を勧める気はまったくありません。

 

でも、空腹時にどうしようもないイライラを感じる人は、糖質制限で血糖値を安定させれば食欲をコントロールできるかもしれません!

 

しかしながら、私が糖質制限に出会うのはもっともっと後の話なのです。

(若い頃に知っていればなあ 涙)