Live Your Dream

Have a lovely life!

太った原因を考えてみよう!〜原因によってダイエット法は違う

さて、本格的にダイエットを始める前に一度考えてみてほしいのは、何故自分は太りすぎてしまったか、です。

 

何故なら、太った原因によって合うダイエット法は違うからです!

 

私の場合は、

・甘いものが大好きで、空腹時にイライラして間食をしてしまう

ことが原因でした。

 

この原因には糖質制限という方法が合っていたのです。糖質を減らしたことで、血糖値を安定させることができ、イライラを解消、無駄食いすることがなくなりました。

 

あなたの場合はどうですか?いくつか例をあげてみましょう。

 

・単純に食べる量が多い

家族が用意する食事が多いなど、子供の頃から太っている人に多いケース。満腹の状態が普通になってしまってるのかもしれません。

理論的には、糖質を摂らなけれなたくさん食べても太らないということになっていますが、実際のところ、糖質を完全に0にすることは難しいですし、糖質制限をしていても、あまりにも食べ過ぎれば痩せられないと江部康二先生も本に書いていらっしゃいました。

毎日たくさん食べ過ぎていて満腹状態が普通になっている人は、タンパク質など必要な栄養素をきちんと摂ったうえで、まずは食べる量を減らし、空腹を心地よいと感じられるようにするのが良さそうです。

 

・ストレスで食べ過ぎてしまう

仕事や学校、家庭でのストレスで食べ過ぎてしまう人は、まずそのストレスを緩和する方法を考えたいところです。

また、ダイエットを意識しすぎてサラダ、豆腐などの低カロリー食をひたすら食べていて、我慢の反動で過食にはしってしまう場合。

食事内容を見直して適切に食べることで、食べ過ぎてはいけないという強迫観念からのがれられるかもしれません。

 

・食事の内容がよくない

ラーメン、丼もの、揚げ物など、一般的にダイエットによくないものを頻繁に食べて太った人。

糖質制限においてはラーメンや丼ものはだめですが、揚げ物やお肉は食べられるので、好きなものを我慢しすぎずにダイエットできると思います。

 

・1日3食きちんと食べないといけないと思いすぎている

食べ過ぎた次の日は朝からきっちり食べず、軽い食事で調整するのも大切です。朝だって、食べたくない時は食べなくていいのです。

 

・間食が多い

単に習慣で、口寂しくて、手近な食べ物を口にしてしまう人。

糖質制限でしっかりとタンパク質などの必要な栄養を摂れば、間食がおさえられるかもしれません。

 

・極度の運動不足

減量する時、必ず運動しなくてはいけないとは思いません。運動することで食欲が増したり、運動するのがストレスになって食べ過ぎたりすることもあるからです。

ですが、一日中車で移動するとか、あまりにも運動量が少ない場合は、ちょっとしたウォーキングなどを取り入れるだけでも効果が出ると思います。

 

いかがでしたか?

考えつく原因をいくつかあげてみました。

ダイエットだからとにかく我慢!ではなく、

どうして太ったのか?どうすればその間違った習慣を変えられるのか?

を考え、自分に合った戦略を立てましょう!!

 

糖質制限は手段のひとつに過ぎません。

たまたま私は糖質制限と出会ったことで体重管理がとても楽になりましたが、合うダイエットは人によって違うのです!