パリ紀行〜1日目②

f:id:liveyourdream:20180109152730j:image

KLMオランダ航空は水色の機体も好きだし、機内食もおいしくてとても気に入りました。

 

f:id:liveyourdream:20180109152913j:imagef:id:liveyourdream:20180109152958j:image

パンやバターがおいしいのはヨーロッパならでは?このPRESIDENTというバター、パリのスーパーでも普通に安く売ってたけれど、コクがあってとてもおいしかった。こちらは1食目のチキン。

 

f:id:liveyourdream:20180109153046j:image

2食目。パスタ。

 

後方にはミニバーもあり、飲み物やスナックが好きな時に食べられるのでうれしい。

f:id:liveyourdream:20180109153655j:imagef:id:liveyourdream:20180109153730j:image

 

 アイスクリームサンドもでた。

f:id:liveyourdream:20180109153835j:image

 

あまり機内で見たい映画もなかったので、Gleeシーズン6の〇〇ウェディングの回(家ではいまだシーズン1を見てるのでめっちゃネタバレ)を見る。

一体いつからこの2人がこんな関係に⁉︎

英語音声オランダ語字幕。オランダ語はドイツ語に似てる?動詞が文末にくる感じとか。

 

あとは耳をフランス語に慣らすためにCezanne et moiという映画を(日本では後日「セザンヌと過ごした時間」というタイトルで上映してた)。

フランス語を聴きながら英語字幕を見るのは非常に頭が忙しく、脳が疲れたので途中で就寝。

 

 

いよいよアムステルダムの空港で乗り継ぎ。

海外に行った人から、入国審査で色々聞かれて困ったという話をよく聞いていたので、

(どっからでもかかってこい!)←?

と気合を入れて列に並ぶ。

 

« À Paris? »

と聞かれ、

(他の人は英語で話してるのに何故フランス語?と思いつつ。)

« Yes. »

(いやいや、ここはOui.って言うべきだったかな…。)

などと思っていたら、ニコニコとパスポートと私の顔を見比べて、

« Bon voyage ! »

とあっさりと通過。拍子抜けである。

 

 

f:id:liveyourdream:20180109155614j:imagef:id:liveyourdream:20180109155650j:image

エールフランスの小さな飛行機に乗り換えて、サンドイッチを受け取るも、アムステルダムからパリは近すぎて、ゆっくり食べる暇さえなく、ハイネケン(フランス語ではhは発音されないので、アイネケンと呼ばれる)で流し込む。

シャルル・ド・ゴール空港へ到着!

私の名前が書かれたiPadを持った人が出迎えてくれた。(もう今時プラカードとかじゃないのね…)。背の高い素敵な黒人男性である。

 

ワゴン車に座って荷物を積んでくれるのを待っていると、緊迫した表情の警官が何やらフランス語でまくしたててくる。英語は話せないらしい。

とりあえずパスポートを要求されているようなので、パスポートを見せると、写真と照らし合わせて確認。

すぐに英語の話せる警察官が来てくれて、状況を聞かれる。空港で声をかけられたのか?とか。

いや、旅行会社に予約して、ピックアップに来てもらったのだと説明。迎えに来てくれた人も話を聞かれる。

日本人は余程狙われているらしく、警戒しているようだ。

迎えに来てくれた人も、こんなのは初めてだ、と困惑ぎみ。

 

ともあれ無事ホテルに到着。飛行機の中でたくさん食べたので、お風呂にのんびりとつかって明日の観光にそなえます。