パリ紀行〜2日目①「オランジュリー美術館」

パリ観光の1日目。

早く起きてビュッフェ式の朝食を済ませ、早速外出。

f:id:liveyourdream:20180112160451j:image

早すぎて食堂がガラガラだった。

f:id:liveyourdream:20180112160618j:image

クロワッサンとバターが美味。ボンヌ・ママンのさくらんぼのジャムにはまる(日本でも売ってるけど)。小さなチーズがたくさん置いてあって、種類も豊富でした。

 

今回は完全フリーのプランなので、

  • とにかく行きたい所をリストアップ
  • どうしても行きたい所優先で、パリ中心部からせめていく
  • 時間があまったら郊外へ

という戦略。

 

まずは一番行きたかったオランジュリー美術館へ。

ホテルを出るなり中国人の家族連れに道を訊かれる。どこへ行っても道を尋ねられるのだが、そんなに人畜無害に見えるのだろうか…?

 

少し歩いたところで、見たことのある景色が。コンコルド広場!

f:id:liveyourdream:20180112161312j:image

コンコルド橋を渡ってセーヌ川エッフェル塔をのぞむ。

f:id:liveyourdream:20180112161430j:image

ホテルから出てすぐ近くに、夢見ていたパリそのものが広がっていたので、めちゃめちゃテンションが上がる。脳内BGMが即座に “I Love Paris” になった。笑

 

オランジュリー美術館が開くまで時間が少しあったので、目の前の噴水を囲んだベンチに座ってのんびり。最高の気分である。

ただ、夏のパリの朝はけっこう涼しい。半袖のカーディガンは持ってきていたのだが、長袖の方がよかったようだ。飛行機の中でも毛布にくるまって震えていたよ…。

 

さて、オランジュリー美術館、である。

f:id:liveyourdream:20180112162145j:image

モネの部屋は小さいけれどとても落ち着く空間。来たいと思ってからかれこれ20年?やっと来られて感無量である。ずっとここにいたいなあ。

 

オランジュリー美術館はこじんまりとしていて見るのに時間はあまりかからない。あたたかみのある優しい絵が多く、ユトリロルノワールなど、夫の好きそうな絵がたくさん。

f:id:liveyourdream:20180112163040j:imagef:id:liveyourdream:20180112163115j:image

 

カフェで大好きなパン・オ・ショコラを食べてエネルギーを補給。午後のルーブル美術館鑑賞にそなえる。

f:id:liveyourdream:20180112162955j:image

 

オランジュリーで買ったもの。

f:id:liveyourdream:20180112163516j:image

マドレーヌちゃんの絵本。自分で読む用。

 

f:id:liveyourdream:20180112163609j:image

モネの睡蓮のコースター。